緊張 チャットモンチーのこころとあたまを聞いて

学生時代に戻りたくないです。

なんとなくインパクトのある出だしにしたくて、そうしました。学生時代が楽しかったって人いたらあってみたいと思うくらい、地獄でした。

ああすればよかったことばかりで、苦しくなるからです。タイムマシンがあったらなあ。農業高校言っているのになあって感じです。まあでも、結局多分一緒なんですけれどね。

社会人になる前、面接たくさんしました。

俗にいう、就職活動時期に、面接に緊張しすぎて地獄でした。

面接は、緊張しすぎて、ビックリするからです。面接が苦手なので、いつも頭真っ白で、記憶が飛びます。顔も真っ青で、目が視線が合わないとよく言われます。悲しい・・・。

面接で何度落ちたことか。会社勤めができないなと身に染みて、思うことです。

心と頭でわかっていても、ドキドキが止まらないです。

私はそんな時に思い出す曲があります。

そう、それは、こころとあたまというチャットモンチーの曲を思い出します。

そのままですね。こころとあたまが一致しないなと思いますね。離れていたらかなりしんどいですね。この曲の作詞は、橋本さんなので、チャットモンチーにしてはストレートな歌詞ですね。

 

www.hyoutenkagodo.info

 

こころ あなたが感じることは、 うそのない、気持ちなのね

あたま きみの考えることが、 うそのない、答えなのね

こころと、あたまよ ずっと寄り添っていて

二つで、一つでいて 離れていたらかなりしんどいのよ

どっちも正解にしてあげるよ

回り続ける 地球の上で 使い慣れた悲しみをしょった

笑って暮らせる 一生の中で 面倒な顔を捨てては拾った

こころ あなたに教えたいのは、 アクセルとブレーキのバランス

あたま きみに忠告しておくよ、 偉いのは、きみだけじゃない

こころと、あたまよ ずっと寄り添っていて 二つで、一つでいて

離れていたらかなりしんどいのよ どっちも正解にしてあげるよ

あなたの言うとおりにだけできたらなあ きみも納得してくれたらなあ

わたしが間違っていたとしても 回り続ける

地球の上で 使い慣れた悲しみをしょった

笑って暮らせる 一生の中で 面倒な顔を捨てては拾った

*1

やっぱりしみますね。この曲ほど緊張したときに刺さるものはないですね。

面接する前とか、すごい聞いてましたね。

まあ、この曲がリリースされたのは、4人体制のころで、ベースが特にかっこいいなと個人的に思う時期です。

メンバー変遷が多いチャットモンチーは、いつの時代もかっこよいです。

そして、いつも、私のこころとあたまに寄り添ってくれています。

うまいこと言えましたかね。ちょっとうれしいです。

*1:J-lylicから引用