日常の話とプログラマーの英単語勉強法

最近は梅雨で雨の日が続いています。そんなときは、ネットサーフィンしたり、(死語か)ググったり、ググったり、YouTubeみたりしますよね。

そんな時は、Hello Everyone みたいなことを言ってみたくなる日もありますよね。(意味不明)まあ、なんとなく海外に憧れがあるような、気持ちになりますね。暇だと考えることないからそう思いますね。

それは、私だけではないと思います。絶対にありえないような物価で、安いバンコクとか、シンガポールとかで暮らすのもありかなと思います。

まあ、いかないと思いますけれど、住んではみたいなと思います。思うだけには自由ですからね。

 

まあ、そんなことを考えている日々です。

さて、海外に思いをはせても、英語が話せなければ、日本では沖縄県や、北海道、四国では。みたいに思っているので、英語学習について書いてみようと思います。

 

英語なんて勉強したのは、高校生以来ですね。久しぶりに単語帳見ると、気持ち悪いですね。趣味でプログラミングをしようとしているときに、英語ばかりなのでよく出てくる言葉を思い出したり、つづりをパソコンでは書けるようになる。漢字が出てこないみたいな。英単語の綴りが出てこない現象に、私はなっていますが、それってあるある何でしょうか。身近にプログラマーがいないので、よくわかりませんが。私は、少なくとも、英単語の綴りはうろ覚えです。

高校生の時の貯金でいま、プログラミングしています。高校が自称進学校だったので、英単語のテストが甘々の採点で、やっていたのを思います。

昔は頭よかったらしいんですが、地元の中でも田舎過ぎて、人気が急落したそうです。

 

まあ、そんなことはおいておいて、プログラマーの英単語の勉強法を考えたので、やっていきたいと思います。

結論はシンプル、とにかく、コードを書いて、調べて、必要な単語のみ覚える。

使う単語は覚えられるからです。あと、海外の書物を英語で読む機会とか、見る機会も、多いと思うので、自然となれますね。開発環境構築したり、海外の人気YouTuberみて、セットアップしたりすると、自然と覚えることができると思います。英語もプログラミングも。

 

www.hyoutenkagodo.info

 

学生時代もテストという、必要に迫られたから覚えられたので、それを社会人になってからも、続ければいいと思います。あんまりしたくはないですけれど。まあ、お金もらっているから当然ですね。

 

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て
by オリックスグループ